和泉市伯太町の原歯科医院 虫歯治療/小児歯科/審美歯科/ホワイトニング/歯周病/入れ歯など

電話番号
2021年からの診療時間
chair
ネット予約

拡大治療について

 当院ではマイクロスコープやルーペを用いた精密拡大治療を行っております。
 以下では、実際の写真を見ていただき、ご説明いたします。

銀のつめものの下で虫歯になっていた症例

  • 二次カリエス3倍
    ×3
    3倍でもお口の中がよく見えます
  • 二次カリエス10倍
    ×10
    10倍になると1本の歯がよく見えます
 
 左側の写真はお口の中を3倍に拡大した写真です。
 肉眼では顔を近づけてよく見たくらいの状態です。
 3倍ではお口の中の歯の数本が見えますが、一番奥の銀歯の虫歯はよく見えません。
 しかし10倍に拡大すると、銀歯の下に隙間ができており、そのまわりが黒ずんでいるのがよく見えます。

歯と歯の間で虫歯になっていた症例

  • カリエス3倍
    ×3
    黒い点がなんとなく見えます。
  • カリエス10倍
    ×10
    中央で欠けているのが分かります。
 
 歯と歯の間で初期の虫歯になってきているのが分かります。
 通常肉眼では非常に見えにくい部分まで、拡大することによって詳しく見ることができます。
 この方の実際の治療としては、レントゲン写真撮影を追加で行い、むし歯の進行を確認し、フッ素の局所塗布を行いつつ定期的な経過観察としました。 このように肉眼では気付けないような小さな異常を早期に発見できたことにより、むし歯の進行を未然に防ぐことができます。

白いつめものがきれいに詰まっていない症例

  • カリエス3倍
    ×3
    白いつめものが入っています。
  • カリエス10倍
    ×10
    歯茎に炎症を起こしています。
 
 数年前に詰められたプラスチックのつめものがうまく詰められておらず、歯ぐきの上にのってしまっており、その部分に汚れが残ってしまうため歯ぐきに炎症を起こしてしまっています(右写真〇枠内右下)。
 この方には不適合になっているつめものを取り除き、再度精密にプラスチックにより充填しました。

精密拡大治療により

歯を守ります  精密拡大治療により、歯や歯ぐきの病気を早く発見することができ、小さいうちに必要な処置をすることにより、あなたの歯を守っていくことができます。
 また治療自体も精密にできるため、汚れが付きにくく、再治療のリスクを可能な限り減らすことができます
 
ブログ 症例集 訪問診療 メール相談

アクセス

〒594-0023
大阪府和泉市伯太町1-4-31
TEL:0725-44-3129

QRコード

QRコード