歯の移植

右下の歯の状態が悪く、抜歯せざるを得ない状態であったため、健全な左下の親知らずを同時に抜歯し、右下に移植した症例です。

歯の移植とは、失った自分の歯のスペースに他の場所に生えている自身の歯を持ってくる処置になります。多くの場合は親知らずを他の場所に移植することになります。

一般的な臓器の移植の場合では、他の人の組織を持ってくるため移植後も免疫抑制剤を飲み続ける必要があります。
しかし、歯の移植の場合、移植する歯は自分自身のもののため、基本的には免疫からの攻撃を受けることはなく、順調な経過をたどれば元々その場にあった歯のように噛むことができます。

また保険算定する場合、条件は限られますが、今回の移植処置の場合は、保険適応の処置となります。

続きを読むにはこちらをクリック(実際の写真があります。)
右下の5番目6番目の歯が保存できない状態でした。

あごの骨より下まで虫歯が進行し、根の先にも炎症を起こしています。

 
 
右下の5番目6番目の2本の歯に非常に大きな虫歯があり、虫歯を取り除くとあごの骨より下まで歯がなくなってしまうような状態で、また根の周りにもばい菌が入り込みあごの骨も溶かされてしまっていました。

 
 

反対側の親知らずです。

 
 
移植する歯の状態としては、歯の周りに歯石が沈着していたり、根が複数に分かれているようなレントゲンの像であったり、骨に埋まっている根の量が少なかったりと、条件はあまり良くはないですが、総合的に判断し、移植する方がメリットが大きかったため移植することとなりました。
 
 

右下の歯を抜きます。
反対側の親知らずを抜きます。

 
移植する場合、移植歯は生えている形のままきれいに抜けないといけません。
今回は問題なく抜歯ができ、歯の周りの歯根膜も出来るだけ損傷しないようにしています。

 

抜いた歯を移植し固定します。

 
移植する場所の環境を整えたのち、移植歯を挿入し、固定しています。
しかしこのままでは移植した歯の中の神経が腐ってきてしまうため、ある程度傷が落ち着いてきたら根管治療が必要です。

 

糸での固定を一度除去し、再度ワイヤーで固定しています。

 
 
根管治療を行うため、固定をワイヤーでの固定に交換しています。

  

根の治療後です。

 
 
根の治療をし、根の中に細菌が繁殖しにくいように薬を詰めています。

 

3カ月後、歯の周りに骨が少しできてきています。

 
 
その後ある程度回復を待ち、固定を除去します。
様子を見て問題がなければ、仮歯を入れ、噛み合わせの負担に耐えれるかどうか判断していきます。

経過良好であったため、手前の4番目の歯を使ってブリッジを製作しました。

 
 

8カ月後です。

 
 
動揺などもなく、周りの骨も回復してきています。


今回は歯の移植についての症例を提示させていただきました。
歯牙移植というものは、移植する歯が健全であり、根の形や歯の大きさが適切であることが必要であったり、条件は限られますし、治療の成功には移植する歯の歯根膜の状態が大きく影響を及ぼしますので、実際に移植を行い経過を見るまで、確実に成功するといえるような方法ではありません

しかしながら、治療が成功すれば、もともと生えている歯と歯周組織の状態はほとんど同じ状態になりますので、骨と直接結合しているインプラントよりも自然な噛み応えが得られます

歯の移植は、不要なご自身の器官の再利用という点を考慮すれば、失った歯を回復する手段としては一考の価値があると思います。
原歯科医院では、ご自身の歯を出来る限り残していくために様々な治療法を提案できるよう尽力しています。ご希望される場合は、ご相談ください。

保険と自費の違い①

歯科医院において保険治療と自費治療の違いはなんだかご存じですか?

ネットで調べると、ほとんどのサイトで保険治療だと、最低限の治療だとか、歯が持たないだとか、材料が限られてるとか、虫歯になりやすいとか、保険治療の悪口がたくさんでてきますね。

はたしてそうなのでしょうか?

続きを読むにはこちらをクリック(実際の写真があります。)

そういう考えにも一理あると思いますが、個人的にはすごく嫌です。

確かに、保険治療の場合、保険治療で認められている材料、認められていない材料があるため、カリソルブであったり、ドックベストセメントであったりを使用することは出来ませんし、MTAセメントについてもごく一部の場合を除いては使用できません。
金合金やセラミックでかぶせものを作ることは出来ませんし、金属の入れ歯やノンクラスプデンチャーを作ることも出来ませんし、インプラントを埋入することも出来ません。

虫歯の治療であれば、コンポジットレジンというプラスチックか、金銀パラジウム合金という金属で詰める。入れ歯であれば、歯の部分はプラスチックと陶材、歯ぐきの部分はプラスチック、ばねの部分に指定された金属を使ったものでしか治療は出来ません。

もし保険治療として認められている以外の方法で治療を希望される場合は、自費治療になります。

・・・が、保険治療は精度が悪いから虫歯になるとか書かれているのはどうかと思います。
厚生省から保険治療として指定があるのは治療方法、材料、金額についてであって精度についてはいい加減でいいとかいう指定はもちろんありません。

材料や手段は制限されていますが、保険だからこの程度とか、安かろう悪かろうと医療を提供する側が妥協していていいのか?と思います。

  

一例を挙げますと、例えばこの歯
左側のかぶせものの状態もよくないですが、こちらの右側のプラスチックの詰め物
本来の歯の形を戻すとしたら、この赤く塗った部分ははみ出している部分です。

こういう部分があると、その歯との段差の周囲に汚れがたまり歯茎が腫れやすくなりますし、虫歯になりやすい状態となります。(この歯は実際に境目から虫歯になっています。)

この件に関して言うと、保険だからこうなっているというわけではなく、プラスチックの材料をきれいに詰めなかったという前医のただの怠慢だと思います。

また、実際の写真等提示できないですが、今回の記事を書かせていただくにあたり参考にさせていただいたサイトの中には、プラスチックがつぎはぎになってるから全部セラミックに変えて数十万とか写真付きで書かれているサイトもありました。
確かにきれいな歯になってはいましたが、セラミックにする場合は歯を大きく削って(場合によっては神経を取って)治療しなければなりません。
永久歯は一度生えると死ぬまで生え変わることはないので、減ることはあっても増えることはありません。同じ歯の治療はそう何回も出来ません。
減った部分については現在の歯科治療では代わりのもので詰めることしかできないので、見た目のために削ることはあまりお勧めできないと思います。

芸能人の中で、歯を白くするため・歯並びを整えるために全部セラミックでかぶせている方をテレビで時々見ますが、数十年後その歯はどうなっているか考えると・・・。




当院における保険と自費の違いは、使える材料と治療方法に制限がなくなるということです。

例えばかぶせものの話として、セラミックにすると長持ちするという話もありますが、そもそも口腔内の管理ができていない状態でセラミックを入れた場合は長持ちしないですし、きっちり管理ができているのならば保険で作ってもしっかりとしたものは作れると考えています。

素材的な問題として、プラスチックの場合は経年劣化で変色してきたり、強度の問題がありますし、表面性状として汚れが付きやすいという問題がありますので、口の中に付けた時と数年後を比較すると見た目は劣化します。

将来のことを考えると、どっちがいいか?というと、間違いなくプラスチックのかぶせものとセラミックのかぶせものの話であればセラミックのほうがいいと思っています。

ただその大前提として、歯の状態がそもそも悪かったり、ご自身のお口の管理ができておらず、セラミックをいれたとしても長持ちすると思えない場合は自費治療はお勧めしておりません。

歯の状態等は個人個人変わりますので、私のこの歯は?という方はまたご相談ください。

(当院での審美治療の種類についてはこちら。)