はじめまして

大阪府和泉市にある原歯科医院のブログです。

このたびブログを立ち上げました。

こちらのブログでは、歯についてのお話、当院のこと、スタッフの日常などについて書かせていただく予定です。 よろしくお願いします。

お口の中のことでお悩み事やお困りごとなどございましたら、どんなことでもお気軽にコメントもしくはこちらまでご相談ください。

https://harashikaiin.com/mail.html

虫歯治療(レジン充填)

 神経まで到達していない場合の虫歯の治療は、基本的に虫歯菌に感染されてしまっている歯(軟化象牙質)を除去し、穴が開いてしまった部分を人工的な材料で詰める処置になります。
 詰める材料としては、保険の材料としてはコンポジットレジン(歯科用プラスチック)もしくはメタルインレー(銀歯)、保険外の材料としてはセラミックやゴールドインレー(金歯)が挙げられます。

 今回は歯と歯の間から進行した虫歯をレジンにより治療した症例です。

続きを読むにはこちらをクリック(実際の写真があります。)
奥歯が虫歯になっています
歯と歯の間に虫歯がありますが、歯を外側から見てもわかりにくいです。
レントゲンを撮ると・・
レントゲンを撮ると・・・
レントゲンでは虫歯がみえました
赤丸の部分が虫歯に侵されて黒くなっています

 歯と歯の間の虫歯や歯を支えている骨の状態は外側から見ただけでは分かりづらいため、当院では必要に応じてレントゲン撮影をお勧めしております。

虫歯を削っている途中です
歯の上の方を削ると虫歯で黒くなっているところが見えてきました。
赤丸の虫歯に斜めにアプローチすることで詰めるのが難しい隣の歯との接触部分を出来るだけ残して治療しています。

 今回は、出来るだけ歯を削る量が少なく済むよう、きれいに詰めやすいようにトンネリングという技法を使っています。
 トンネリングによる治療を行うと、歯の天然の形態を出来るだけ残して詰めることが出来るため仕上がりがきれいにできます。そのため再度の虫歯へのリスクを減らすことが出来ます。

詰め終わった後です。

 噛み合わせを調べたため赤い印が付いています。
 どこを詰めたか分からないくらいに美しく仕上がりました。

 今回のような歯と歯の間の虫歯の場合、深く進行するまでは見た目上は歯が欠けたように見えませんのでご自身として虫歯になっているという自覚がないまま、気づいたら神経近くまで到達してしまうことが多いです。

 歯というものは子供の頃に永久歯に生え変わってからはそれ以上増えることは現在のところ二度とありませんので、虫歯は出来るだけ早期に発見することが重要になります。

 症状がなくても定期的な歯科受診をお勧めします。

予約についてのお願い

 当院では出来るだけ患者様をお待たせすることがないよう、予約診療を行っております。
 加えてこの時期、出来るだけ待合室でお待たせしないよう、また、複数の患者様が待つことの無いよう、最大限の配慮をさせていただいております。

続きを読むにはこちらをクリック

 当院には現在デンタルチェアーが3台ありますが、俗に「たこ焼き診療」と言われれるような、あっち行ったりこっち行ったりとちょこちょこ動いて治療を行うなどすることはありません。
 時間に追われて治療をすると、どうしても治療の質が下がってしまうからです。

 時間は無限にあるわけではないですが、可能な限りお時間を取って、一人一人の方に出来るだけ良い治療を行いたいと考えています。
 消毒や状態の確認のみで終わられるような方を除き、一人の患者様に最低30分のお時間を取らせていただいております。

 ある患者様の予約をお取りした後は、予約をお取りになったその患者さんのためだけにその時間を確保し、その方の治療に必要な機材を準備しています。当日のその予約まで、他の患者さんからその時間に診て欲しい、というご希望があってもお断りしています。

 最大限配慮させていただいたうえで予約診療を行っておりますが、治療において想定外のことが起こる場合もありますし、急に来院された患者様の対応もされていただいておりますため、予約したからといって絶対に待ち時間が存在しないかと言われると、そうではありませんが、他の医院様と比較して、当院は待ち時間が少なくて良かったと言っていただける患者様も多くいらっしゃいます。

 しかし残念ながらお約束されたにもかかわらず、来院されない患者様もいらっしゃいます。
 もちろん他に急な用事ができたり、体調不良になったり、不測の事態が起きたり、予約時間に来院することができない事がおきることがあるのは理解できます。
 「歯が痛くて歯医者に行ったら痛みは治ったから次の予約はあるけど行かなくていいわ。」という気持ちも理解できます。
 根の治療や詰め物・かぶせものを作る治療の場合、次回予約は1週間程度先になるため、「予約取ったけど行くのを忘れてしまった。寝坊してしまった。」というのも理解できます。

 が、お約束させていただいたからには、こちらとしてはその方のために時間を確保し、人材・機材を準備させていただいていますので、来院されない場合はその準備は無駄になっているのです。
 予約をキャンセルされる場合は、来院できないことが分かった時点でご連絡いただけると他の患者様を治療することもできますし、こちらとしてもその時間を他の方のために使うことができます。
 可能であれば事前、どうしても無理なら事後で結構ですので連絡いただきたいのです。

 数字を出したうえで言いますと、当院に通院されている方のキャンセル率は5%以下です。
 歯科医院の一般的なキャンセル率と比較しても低い値だと感じています。
 当院は長年通っていただいている患者様が多くいらっしゃいますしお約束を守っていただいける患者様がほとんどです。

 逆に、複数回キャンセル・無断キャンセルを繰り返される方もいます。
 複数回、キャンセル・無断キャンセルを繰り返されますと信頼関係は成り立ちません。申し訳ありませんが、そのような場合は事前のご予約をお断りさせていただくこともあります。

 当院からのお願いとしましては、
  ・来院可能な時間にご予約いただく、
  ・予約時間に行けない場合は分かった時点でご連絡いただく、
 ように改めてお願いします。

 もちろん歯の痛みが起きた場合や、かぶせものが取れたり歯が欠けたり、急な症状の変化が起きた患者様において、予約が開いていないので2週間後に来てください。など言うことはあり得ないと考えていますので、急な変化があった場合は応急処置になることもありますが、可能な限り早期に対応されていただいております。
 急なことがあった場合は、そのままにしておくと悪化することもあり得ますので遠慮なくご連絡ください